レモンケーキ

《材料》

  • 卵4個
  • はちみつ80g
  • グルテンフリー粉 140g(ベーキングパウダー入を使いましたが入ってないものなら小さじ3くらい入れてください)
  • 溶かしバター 大さじ2 (オリーブオイルでも大丈夫です)
  • レモンの皮1個分

《作り方》

1. 卵、はちみつ、レモンの皮をふわふわになるまで泡立て器で混ぜる。(泡立て器を持ち上げた時泡の後が残るまで)

2. 泡を潰さないよう粉を加えてさっくり混ぜ、溶かしバターも加えて均一に混ぜる。

3. ベーキングペーパーを敷いた型に入れて軽く底を叩いて空気を抜く。

※調子に乗って叩きすぎないように。

※底はしっかりはまった事を確認。

 

4. 180度で30-35分焼く。

※ オーブントレイに流す場合は12分で焼きあがります。

焼きあがったらレモン1個、はちみつ大さじ2をよく混ぜたシロップを回しかけ冷ましたら出来上がりです。トレイに流したバージョンは、表面にまわしかけて、くるくるしてそのままベーキングペーパーであめのように包んで冷ますと落ち着きます。

やってみてくださいね。

ジュワッとかけちゃうバーニャカウダ

《材料》

  • 野菜 2カップ(下ゆでしたもの。生のものを混ぜてもオッケー)
  • アンチョビ 3枚
  • ニンニク 大きめ3かけ
  • オリーブオイル 大さじ3

《作り方》

  1. フライパンにオリーブオイルを入れ、そこにニンニクをすりおろす。ピューレ状ではなく、みじん切りのようになる方が焦げない。
  2. アンチョビを包丁で細かく刻み、2に入れる。
  3. 弱火でじーっくり加熱。しゅわしゅわいう感じがベスト。
  4. お皿に野菜を盛り付けておき、ニンニクがこんがりときつね色になったら直接かける

火加減はこちらを参考にしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=43eB3qJZKno

オリーブオイルは熱に弱いので、ごく弱火で温める感じにしてくださいね。

多めに作っておいて冷蔵庫で保存し、野菜にかけてオーブンで加熱したり、パスタに絡めても絶妙です。

ぜひ試してみてくださいね。

レモン(ライム)の塩漬け

《材料》

  • レモンまたはライム 400g
  • 海塩またはピンクソルト 100g
  • レモン汁 250g

《作り方》

レモンの上下をきり、縦に4箇所切り込みを入れます。中心まで入れず、半分程度にして繋げておきます。

4637343e-c736-4a00-a712-e63c3cb1342e.jpg

そこに塩をよく擦り込むとこんな感じです。

9b5fb9f0-5c3b-4efb-9129-309ccca6ef6a.jpg

煮沸した瓶に詰め込み、絞っておいた別のレモン汁でカバーします。足りないようなら少しリンゴ酢を足しても大丈夫です。

2週間ほど室温(夏なら冷蔵庫)に入れておけば出来上がり。

この塩漬けレモンを使ったレシピ、また出来上がった頃に紹介したいと思います。

簡単に作れるし、これがあるだけでなんだかキッチンに立つのが楽しくなりますよ。ぜひやってみてくださいね。

バジルペースト

5d8dbdb2-8751-4616-8f19-70a45c50225c.jpg

《材料》

  • バジル 3カップ カップに軽く詰めて
  • カシューナッツ 半カップ
  • にんにく 半分
  • オリーブオイル 半カップ
  • 塩 小さじ半分

《作り方》

バジルを15秒沸騰したお湯に通し、冷水に取りよく水気を切ります。
フライパンでいったカシューナッツとその他の材料を加えてミキサーでガーッとやるだけです。

パスタに会えたり、ディップにしたり楽しめます。

a6a628f4-67de-46eb-885c-f5be61f1ac73.jpg

マーシャン流重ね煮

《材料》

  • 豚バラブロック 1.2kg
  • 野菜 肉と同量 (ポイントは白菜やキャベツを重量の半分くらいいれること、あとは人参、玉ねぎ、セロリ、ネギ、マッシュルームなどなんでもいいです)
  • 塩 小さじ2
  • 酒 半カップ 100ml
  • にんにく 2かけ

《作り方》

1. 豚バラを切らずにそのまま塩小さじ1で揉み、鍋の底に並べる。その上にみじん切りのにんにくを乗せる。

2. 野菜を7ミリ程度のスライスにして、肉の上に乗せる

3. 白菜やキャベツなど水分の多い葉野菜をざく切りにして上にもりもりっと乗せる。

4. 塩小さじ1を上からかけ、酒をまわしかける
5. 蓋をして中火で熱し、酒がぐつぐついってきたら弱火で2時間おいておくだけ。

圧力鍋を使う場合は、蓋をして強火で沸騰まで持って行き、中火と弱火の間にして1時間。
お肉は食べる時にはさみでちょきちょき(笑) コリアン風です。

1日目はそのままご飯や麺にかけて。
2日目はトマトペーストで伸ばして、クミンとチリを加え、上にもりもりコリアンダーでメキシカン風。
3日目はお肉を細かく切って、ココナッツミルクとカレー粉を加えてカレーに。

3日目あたりは野菜が減ってくるので、ベビーほうれん草を仕上げに入れました。

こんな感じで、塩だけでシンプルに作っておくとどんな風にもアレンジできるので便利です。

豚バラのように脂の多いお肉の方が美味しくできます。手羽元や手羽先でも美味しいです。

ぜひ、やってみてくださいね。
 

生春巻きをスイーツにしたもちもちフルーツロール

《材料》16本分

  • ライスペーパー 大 8枚
  • もち米 1カップ
  • ココナッツクリーム 半カップ
  • レーズン 半カップ
  • 中に巻くフルーツ イチゴ、キウイ、マンゴーで作りましたがその他のフルーツでも良いです。5ミリ程度の厚さにスライス。

《作り方》

  1. もち米を洗い、ココナッツクリームと水1カップとよく混ぜ、上にレーズンを乗せて普通にたく。(焦げやすいので注意)
  2. 軽く混ぜ、お皿にとりもち米を冷ます。
  3. ライスペーパーを半分に切り、ぬるま湯につけてからもち米とフルーツを巻く。

ぬるま湯にくぐらせ、直線を手前にして、もち米、フルーツの順にのせて

くるっとしてから両サイドを折り込むとやりやすいです。

もち米だけ用意しておいて後はフルーツを切ったり、巻いたりは子供と一緒にやればちょっとしたアクティビティですよ。

ココナッツクリームにちょっと蜂蜜を入れて、ディップして食べると美味しいです。

ラップしておけばお弁当にもいけますね!

セビーチェ

bd4bc6be-fbae-46b3-97d9-bf3c89f2f4e6.jpg
  • 白身魚・マグロまたはサーモン 500g
  • レモン 4つ
  • 海塩 小さじ1
  • コリアンダー軽く刻んで 1カップ
  • 赤タマネギ 1個
  • にんにく 2かけ
  • スイートチリ 1本

作り方
 

  1. レモンをよく絞りボウルに入れ、塩、ニンニクすりおろし、コリアンダーのみじん切り、タマネギのスライス、スイートチリのみじん切りとよく混ぜる。(子供が食べるときはスイートチリの種を外す)
  2. 魚を1センチ角に切り、1によく混ぜる。

5分ほど冷凍庫で寝かせて、頂きます!

簡単なのにめちゃめちゃ美味しいです。

人参を入れたガトーショコラ

材料

  • ダークチョコレート 200g
  • 人参 2本 250g (ビートルートでも美味しくできます)
  • 蜂蜜 120g
  • アーモンドミール 120g
  • 卵 4個 (よく冷やしておく)
  • ベーキングパウダー 小さじ1.5

作り方

オーブンを180度に予熱し、21センチの型にベーキングシートを敷いておく

  1. チョコレートをフードプロセッサーで砕くまたは包丁できざみボウルにいれる。
  2. フライパンにお湯を沸かし、布巾などを入れた上に1を乗せて湯せんで溶かす。溶けたらお湯からあげて、人肌に冷ます。
  3. 人参をフードプロセッサーで粗いすりおろし状にし、2と卵黄、蜂蜜の半分、アーモンドミール、ベーキングパウダーを加える。
  4. 卵白をハンドミキサーで軽く泡立て、白っぽくなったら蜂蜜の残りを2度に分けながら入れて、メレンゲを作る。(塩をひとつまみ入れると作りやすい)
  5. 3の人参ミックスに4のメレンゲの1/3を加えてよく混ぜ、残りのメレンゲをふんわりと混ぜる。
  6. 型に流して180度で50分焼く。

1日2日置いた方がおちついて美味しいです。

【動画】牛肉の赤ワイン煮

さて、そろそろクリスマスどうしようかなって考えてますよねきっと。

我が家はお友達の新居に押しかけて、家族が海外な者同士でクリスマスディナーの予定です。もちろんキッチン乗っ取る感じで(笑)しっぽり家族だけでやる場合も、たくさんの家族が集まる場合もぴったりの、ちょっとドレスアップな気分のメニューを今日は紹介します。

牛肉の赤ワイン煮。フランスの家庭料理のブッフブルギニオンです。

うちの義理母のレシピは、お肉を一晩赤ワインでマリネして、6時間ことこと煮込むんですが、私は短縮して圧力鍋で作ります。(ごめんマミー、私の方が3倍美味しい。。。爆)

圧力鍋というと、なんでそんなにプレッシャー感じ生き急がないといけないのかわからない、とフランス人のヒッピー友達が言ってたのを思い出します(笑)確かに鍋の中には圧力かけますが、作る方としては短時間で丸一日煮込んだかのような美味しさが出せるので、むしろ作る側に余裕を生み出してくれます。

圧力鍋に向くお肉(煮込みに向くお肉)は、ゼラチン質の多いほほ肉、もも肉、スネ肉、テール肉、豚バラ、三枚肉など。英語だと、cheek, shank, tail, leg, ossobucco, pork belly, chunk など。そのまま焼くと固くて筋のあるものが向いています。

煮込みに向かないお肉は、ステーキ肉、赤身肉、◯◯フィレ肉、◯◯ロイン肉、胸肉など。英語だとrump steak, scotch fillet, sirloin, round steak, rib, eye filletなど。 脂がのっていても、煮込むと全部出てしまって固くなってしまったり、肉が締まり過ぎて美味しくなかったりします。

個人的にはゼラチン質たっぷりのほほ肉やラムシャンクや大好きです。プルンプルンする感じがいいのよね。今日のレシピを骨つきのラム(ラムシャンク)でもぜひやってみてください。

うわー、これ自分で作っちゃった!?って思える味になりますよ♡

以前は一人150ドルくらいとって教えていたレシピですが全公開(笑)

やらなきゃ損よ!?やるだけで女子力あがるわよ!?

え?圧力鍋がない!?!?

サンタさんにお願いしてくださいね。

キッチンから未来を変える フードコーチ マーシャン祥子