【動画】小麦なし りんごとセロリのパンケーキ

大人の3倍敏感な子供の味覚

子供の味覚は大人の3倍敏感だと言われています。辛いものや苦いものが食べられないのも納得ですね。これは熟していない野菜や果物を食べると体に良くないということを本能で感じられるように作られている動物の体の奇跡です。

小さい頃苦くて嫌いだったピーマン香りの嫌いだったしそ、全く興味のなかっらコーヒーやアルコールが大人になって美味しいと感じるようになるのは、味覚が発達したからではなく、味覚が鈍感になったというだけなのでした(笑 

手強いセロリを食べてもらうには?

この話を子供達にしてから我が家では嫌いな食べ物があると“僕の舌はママとパパよりずっと敏感だから仕方ないでしょ”と開き直られるので、ちょっと困っていますが、その辺を理解しながら上手に苦手な野菜を食べられるようにしていけたらいいですね。

香りの強い野菜の中でもセロリは手強いです。スムージーに入れてもすぐにばれます。しかし、相性の良いパンケーキにいれると、普段は開き直る息子もぱくぱく食べてくれます。今日はそのレシピを紹介します。

小麦もお砂糖も使っていないので心と体への負担も少なく安心ですね。

材料(4枚分)

  • 米粉1カップ 200ml
  • アーモンドミール 半カップ 100ml
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • ヨーグルト 半カップ
  • 卵 2個
  • りんご(大) 1.5個
  • セロリ 1本

作り方

  1. すべての材料をミキサーでブレンドする。
  2. ココナッツオイルかバターを敷いたフライパンで両面中火で3分ほど焼くだけ。料理の動画はここから https://www.youtube.com/watch?v=Eavduy6bzxs
  3. 朝食ならサラダやベーコン、ハムなどを添えて、おやつならはちみつをちょっとかけて美味しく食べられます。面倒なときはオーブントレーにベーキングシートを乗せてその上に1センチほどの厚みで流し、200度のオーブンで10分から15分で焼き上がります。

混ぜるだけ味噌ディップ

写真の整理をしてたらアップしてなかった食べ物の写真が出てきました。

フランス滞在最後の方で友達一家を招いてのディナーの時。

彩りがきれいです♡ただの野菜のディップがなんだか素敵な一皿に。

スーパーでインカベリーと呼ばれるほうずきの1種が売られていたのでついつい買っちゃいました。

 

オーストラリアではドライフルーツでしか見たことがなく、その甘酸っぱさつぶつぶの種の食感、そしてものすごい抗酸化作用に惚れてよく買うんです。

 

とにかく病みつきになる味。ケーキに入れて焼いたこともあるけどほぼ量り売りで買ってすぐむしゃむしゃ食べてなくなってしまいます。

 

生のインカベリーが手に入るなんて感激でした。

 

小さい頃ほうずきの種だけ吸い出して風船みたいに膨らます遊びを母とよくしたんですが。残念ながらそんな風にはなりませんでした。

大皿料理の飾りとかデザートにいいですよね。

この時は野菜のディップに紛れ込ませました。大皿に盛る時に、ありきたりな野菜の中にこういう面白い形とか触感のものを入れるとアクセントになるんですよー。

 

他にもイチジクとかオクラを縦に切ったり、葉っぱ付きのミニキャロットの紫色のとか面白いですね。

そしてこの写真を見つけて、このディップを思い出したんです。

 

マクロビのサイトで甘味噌ディップというのが紹介されてるのを見て、あり合わせのものでよりずぼらに作ったのがこれ。

  • 味噌大さじ3
  • アーモンドミール 半カップ
  • 蜂蜜 大さじ1から2

本当は味醂を使い、ナッツを砕いて混ぜてましたが、味噌とアーモンドミールと蜂蜜と混ぜるだけで調理なしはかなり便利でした。

ディップしやすいようにちょっと水で伸ばしたような記憶が。。。味噌の硬さにもよると思うので適当に調整してください。

たっぷりの野菜があっという間になくなって驚きましたでしたよ。

 

ちょっとチリをいれて甘辛くしてもいいし、ローストしたニンニクを潰していれても美味しそう♡

ミニトマトとブロッコリーとニンジンという普通すぎる食材が素敵な一皿に変身したのでした。

あ、ミニトマトはローストしてます。

キノアケールご飯と自家製ふりかけ

朝ごはんはどんなものを食べてますか?マンネリ化してしまいます。 

というご質問をいただきました。

ずばり、朝ごはんはマンネリでいいのではないかと思います(笑

朝から色々やってらんねーって感じですよね?

我が家は、パン食とご飯が半々くらい。

アボカドトースト+目玉焼き+フルーツ+スムージー

パン+ほうれん草入りスクランブルエッグ+フルーツ

納豆と卵入りケールとキヌアごはん+のり+フルーツ+スムージー

ケールとキヌアごはん+自家製ふりかけ+目玉焼き+スムージーまたは残り物味噌汁

とパターン化し、あるものでバリエーションを変えています。

ナッツ、キムチ、野菜のマリネ、ヨーグルトなどあるものをちょこっと添えたりもします。

 

タンパク質、野菜、フルーツは必ずとるようにしています。

 

タンパク質はほぼ卵。たまーに残り物のローストチキンがあったりすると雑炊なんて日もあります。

 

卵は食べ過ぎるとコレステロールがといわれてた時代もあるけど毎日食べて大丈夫。健康な人の場合食べ物のコレステロールが直接コレステロール値にや動脈硬化、高血圧に繋がるわけではないのです。

 

タンパク質を朝とるとこで糖分のエネルギーが少しずつ使われていき、10時頃ぐたっと疲れるということがなくなります。

シリアルや菓子パンで済ませている場合はぐぐっと血糖値が上がりその時は元気だけど10時くらいに疲れちゃったり、甘いものが欲しくなるので注意。

朝の野菜やフルーツも代謝を上げていくには重要ですよ。

ご飯にはケールとキヌアと混ぜて炊き込むことが多いです。

  • 米1、5カップ
  • キヌア 半カップ
  • ケール 両手でもぎ取るくらい(笑
  • 水2、5カップ

 

研いだ米とキヌアに水を入れて、細かく刻んだケールを乗せて普通に炊きます。

味をつけたい時は小さじ1弱の塩とごま油大さじ1をケールを乗せる前に混ぜ込みます。

ふりかけは添加物のオンパレードだし、海外では鬼高いしなんのメリットもないのでまず買いません。

自家製ふりかけを冷凍保存しています。

  • のり大判 5枚
  • アーモンドやカシューナッツ 半カップ
  • ごま 半カップ
  • 塩 小さじ1

ナッツとごまをフライパンで軽く炒り、冷まします。

フープロやミキサーでちぎったのりとナッツとごま、塩を加えて砕くだけ。ちょっと荒い方が美味しいです。

 

密閉容器に入れて冷凍庫で保存しています。パリパリカリカリ感が保たれます。

写真は黒ごまですが、白ごまの方が癖がないかなと思います。

ここに煮干しを半カップ加えても美味しいんです。近所に売ってないので入れてませんが手に入れば煮干しもがーっと入れてください。

 

どれだけプレーンなものに、美味しく栄養を加えていくかが勝負です!

 

朝から色々作るのは大変なのでご飯やスープは前日の夜の残り。

基本的に卵とスムージーだけ作る感じです。

 

週末は野菜入りパンケーキ、マフィン、スコーンなどをゆっくり作って食べますよ。

週末くらいちょっと甘めもいいじゃない?

って言ってもそんな甘くないけど。。。

朝日の中でみんな揃ってちゃんと朝食を食べる。

それだけで1日の流れは大きく変わります。

ぜひ朝食改革をしてみてくださいね。

かぼちゃプリン

オーストラリアではハロウィン前になるとこのオレンジの大きなかぼちゃが出回りますが、少なくとも11年前の私が暮らしていた日本ではこのかぼちゃ見かけることなかったなぁ。今ではありますか?

そして、パンプキンパイを作ろうと思ったけど、メンドクサクテ 挫折し、発想の転換でかぼちゃプリンになりました。

これがまためっちゃ美味しいんです。子供達大興奮。時短ではないですが、オーブンに放置しておく工程ばかりであとは混ぜるだけ。

ぜひぜひ作ってみてください。

材料

  • かぼちゃペースト 300g
  • 卵 2つ
  • バター 50g 
  • ヨーグルト 150ml
  • 蜂蜜 大さじ 3
  • 好みでシナモン 小さじ半分

作り方

  1. 180度のオーブンで50分、皮も種も付いたままかぼちゃをまるごとロースト。
  2. 軽く冷まして皮や種を取り、他の材料を加えミキサーで滑らかになるまで混ぜる。
  3. パウンド型や耐熱容器に流し込み、水を張った170度のオーブンで40分蒸し焼きに。

冷蔵庫で冷やして、ナイフで切るかスプーンですくってお皿に盛っていただきます。

かぼちゃはバターナッツパンプキンを半分480gのものをローストしたらペーストが280gになりました。

バターはブロックを目分量で切れば大丈夫。

ヨーグルトは固形分の多いギリシャ風ではなくとろさらの自家製カスピ海ヨーグルトです。

イベントごとの時は普段のおやつや朝食マフィンよりちょっと蜂蜜も多めです。

甘いもの楽しんでいいじゃない?

ヨーグルトの風味がさっぱりしてるのにコクがあって病みつきになります。

【動画】レモンとほうれん草のパンケーキ Gluten Free Lemon & Spinach pancake

材料

  • ベビーほうれん草 2カップ
  • 卵 2つ
  • レモン 1個
  • はちみつ 大さじ2
  • ココナッツミルク 1、5カップ
  • そば粉 1、5カップ
  • アーモンドミール 半カップ
  • ベーキングパウダー 小さじ2

 

もちろんミキサーでガーっと混ぜても大丈夫です。これは、旅行とかキャンプとか、キッチン道具がないときでも作れて便利です。

 

焦げやすいので注意してくださいね。

 

そば粉を米粉にしたり、そば粉とアーモンドミールを合わせた文をグルテンフリー粉にしても大丈夫です。

刻みの場合は、ベビーほうれん草の方がアクがないので使いやすいです。

 

1cup=200ml