野菜たっぷりレシピ

ジュワッとかけちゃうバーニャカウダ

ジュワッとかけちゃうバーニャカウダレシピ

《材料》

  • 野菜 2カップ(下ゆでしたもの。生のものを混ぜてもオッケー)

  • アンチョビ 3枚

  • ニンニク 大きめ3かけ

  • オリーブオイル 大さじ3

《作り方》

  1. フライパンにオリーブオイルを入れ、そこにニンニクをすりおろす。ピューレ状ではなく、みじん切りのようになる方が焦げない。

  2. アンチョビを包丁で細かく刻み、1に入れる。

  3. 弱火でじーっくり加熱。しゅわしゅわいう感じがベスト。

  4. お皿に野菜を盛り付けておき、ニンニクがこんがりときつね色になったら直接かける

火加減はこちらを参考にしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=43eB3qJZKno

オリーブオイルは熱に弱いので、ごく弱火で温める感じにしてくださいね。

多めに作っておいて冷蔵庫で保存し、野菜にかけてオーブンで加熱したり、パスタに絡めても絶妙です。

ぜひ試してみてくださいね。

混ぜるだけ味噌ディップ

混ぜるだけ味噌ディップレシピ

 

《材料》

  • 味噌大さじ3
  • アーモンドミール 半カップ
  • 蜂蜜 大さじ1から2

《作り方》

味噌とアーモンドミールと蜂蜜と混ぜるだけ。ほんの少しの水を加えて堅さを調節。

 

ちょっとチリをいれて甘辛くしてもいいし、ローストしたニンニクを潰していれても美味しいです。

 

 

野菜がたくさん取れるベリースムージー

野菜がたくさん取れるベリースムージーレシピ

 

《材料》 1カップ=200ml

  • 冷凍のミックスベリー 1カップ 
  • ベビーほうれん草 2カップ 
  • バナナ1本 
  • ヨーグルト 1.5カップ

《作り方》

スティックブレンダーやミキサーで混ぜるだけ。 

 

ほうれん草をセロリスティックに変えたり、ヨーグルトをアーモンドミルクやココナツミルクに替えても美味しいです。

ベビーほうれん草がない場合はほうれん草の柔らかい葉の部分を使うのもいいでしょう。えぐみがきになる場合は、10分ほど水にさらすと気にならなくなります。

作ったスムージーはなるべく飲み切るか、余った場合は冷凍します。そのまま置いておくと酸化してしまい、代謝をあげる酵素も失活してしまい、栄養の効果が少なくなってしまいます。冷凍は栄養や酵素に変化が出ないので便利ですね。

アボカドディップと野菜スティック

アボカドディップと野菜スティックレシピ

 

 

《材料》

  • アボカド1
  • ライム 半分
  •  ひとつまみ
  • オリブオイル 大さじ1

《作り方》

  1. アボカドをフォークで潰す。
  2. ライムを絞って塩ひとつまみとオリーブオイルと混ぜる。

 

ライムはレモンでも可。オリーブオイルの代わりにごま油やグレープシードオイルなども。

アボカドは酸化して茶色くなりやすいので、これはパパッと作って出す方がオススメです。

かぼちゃと生姜のスープ

かぼちゃと生姜のスープレシピ

 

《材料》 

  •  g
  • g
  •  
  •  
  •  

《作方》





調

 

ヒーリングチキンスープ

ヒーリングチキンスープレシピ

《材料》

  • 地鶏 まるごと 1.5-2kg
  • 野菜 1kg
  • にんにく 3かけ
  • うこん、しょうが 親指大 生が手に入らない時はパウダーを小さじ1
  • 塩 小さじ3

※ 野菜はでんぷん質の多い芋類やカボチャは避ける。ケール、セロリ、キャベツ、ネギ、葉ネギ、玉ねぎ、人参などがオススメ。

《作り方》

  1. 野菜をごろっとしたさいの目に切る。ざくざく切る感じで。人参は皮ごと、セロリも筋など気にせずそのまま。
  2. にんにくはスライス、うこん、しょうがはすりおろして、野菜、丸の地鶏と共に深鍋に入れる。
  3. 水を3リットルと塩を加えて水から強火で煮立てる。
  4. 沸騰したらとろ火にして一晩煮込む。もしくは圧力鍋で中火で3時間煮込む。鍋に入れたら放置するのみ!
  5. 鶏がほろほろに崩れるくらいになったら丸ごと取り出して骨からはずし、身は鍋に戻す。
  6. よく身をほぐしてスープに混ぜ込む。

※ お腹を崩した時や高熱の時はスープのみ、回復期は鶏肉も一緒にいただく。手に入ればクコの実(ゴジベリー)を一掴みほど入れて煮込んでも甘みが出る。クコの実は代謝を高め、強い抗酸化作用で病気の元となる活性酸素を減らしてくれる上美肌効果、アンチエイジング効果も。

グリーンスムージー

グルーンスムージーレシピ

 

《材料 4人分》

  • バナナ2本
  • セロリ1本
  • ベビーほうれん草 1カップ 200ml
  • 豆乳 1.5カップ 300m
  • チアシード 大さじ2

《作り方》

材料を全てミキサーに入れて混ぜるだけ。スティックブレンダーの場合はケールよりベビーほうれん草がオススメ。えぐみが気になる場合は水に10分ほどさらしてから使う。

多めに作って製氷皿で凍らせてアイスブロックにすると子供に人気のおやつに。

 

食材の置き換え

  • ベビーほうれん草→ほうれん草、レタス、水菜、ケールなど
  • 豆乳→アーモンドミルク、ライスミルク、ココナツミルクなど